【水無凛】天才ハッカーとネム財団

580億円分のネムが不正出金されたえコインチェックの事件に日本中が揺れている今、ネム財団と連携して天才ハッカー水無凛(Rin,MIZUNASHI)JK17がホワイトハッカーとして今回ハッキングされた580億円分のネムを本気で追跡していることが話題になっている。まるで映画のような話だが、これがサイバーセキュリティの”リアル”なのかもしれない。

水無凛とは

 

水無凛とは、自称現在17歳の女子高生のホワイトハッカー。

コインチェックから失われた580億円分のネムの追跡監視を行う勇者だ。

17歳の女子高生だという設定はジョークで、水無凛の中身は大人だと思われるが真相は謎だ。

 

ちなみにホワイトハッカーとは、正義のハッカーを指す名称であり、悪事を行うハッカーと対立する存在だ。

 

テレグラムのグループトーク(下記画像)によると、コインチェックのネム不正出金の調査について、ネム財団(NEM Foundation)から適任と使命を受け、現在もネムの追跡及び監視活動を行っているという。

 

 

真相について全貌がまだ見えない点もあるが、水無凛という人物がコインチェック顧客のために、コインチェックのために、ネム財団のために、正義のために不正流出したネムの追跡を行っていることは事実だ。

 

水無凛のTwitter

 

1月26日0:31に水無凛(Rin,MIZUNASHI)のツイッターにて、水無凛がコインチェックでネムの不正出金を行なったハッカーのアカウント監視を始めることが報告された。

 

 

その後、1月27日1:40にはネム財団が流出してしまったネムの自動追跡プログラムの作成を開始したことを報告。

現在進行形で水無凛はTwitterを中心に、ハッキングされたコインチェックのネムの追跡活動について報告を行っており、下記の画像リンクからRin,MIZUNASHIのツイートをフォローすることができる。

 

ネム財団のツイッター

この情報は正しく、ネム財団の公式アカウントやネム関係者アカウントからも同じく、ハッキングされたネムの追跡についてツイートが行われた。

 

 

天才ハッカー水無凛と連携して不正ハッキングの追跡を行なっているネム財団。

コインチェックの緊急記者会見でも伝えられた通り、580億円の不正出金に対してネムがハードフォークを行ってこの事件をリカバーすることはハッキリと否定しているが、だからと言ってコインチェック及びコインチェック顧客を見捨てているわけではない。

この事件は、ネムのセキュリティ威信にも関わる問題ともなるため、ネム財団も本気でハッキング犯人に対する包囲網を敷いている。

こちらのネム財団関係者のアカウントからツイートされた重要な内容を日本語訳で下記に掲載しておく。

 

「コインチェックの事件は仮想通貨を破壊する可能性がありました。しかしコミュニティとコインチェックのチームは最初から最後まで完全な透明性を担保し、このような恐怖に打ち勝ちました。勝者はハッカーではなく我々です。」

 

「盗まれたお金を取引所を通じて外に持ち出すことはできない。これは良いニュース。このニュースは是非シェアしてください。史上最大のハッキングは数時間以内にネムのコミュニティによって解決されます。これはネムのプラットフォームとチームの強さを示すものになります。」

 

「取引所はどのようなコインを上場させるか選べます。事件は取引所に大きな教訓を残しました。全ての取引所はネムのチームがコインチェックに対して行った強力なサポートを見るべきです。これは、リーダーシップ、イノベーション、そしてセキュリティがいかに仮想通貨の未来にとって必要かという一例でした。」

 

また、今回のコインチェック騒動についてネム財団のプレジデントを務めるJeff Mcdnald(ジェフマクドナルド氏)が語る公式な動画についても下記に掲載しておく。(英語が苦手な人には少し難易度が高い内容ではあるが…。)

 

 

こちらのネム財団関係者のツイッターアカウントは下記画像リンクからフォローできる。

 

 

水無凛とネム財団のまとめ

今回取り上げた水無凛とネム財団は、現在もコインチェックユーザー及びコインチェックのために、不正ハッキングを仕掛けた犯人及びネムコインの追跡監視を行なっており、間違いなく我々個人投資家にとっての強力な味方だ。

 

ネムの仮想通貨技術を推進開発するネム財団は、日本最大級の仮想通貨取引所であるコインチェックから580億円分のネムがハッキングされた事件を非常に重く受け止め、この事件の完全解決に真剣に取り組んでいることがわかる。

 

先日のコインチェックの記者会見だけでは、今回の事件の結末や、コインチェックが今後どうなっていくのか、そしてコインチェックに入っている自分の資産は一体どうなってしまうのかという点について見えない点が多いと感じている方も多いと思う。

 

あの記者会見は、新聞記者特有の威圧的なスタイルで、コインチェック側をまるで犯罪者化のように扱い「私たちには力がありませんでした。」と意図的に頭を下げさせるような進行で行われ、本当に憎むべき存在はコインチェックにハッキングを仕掛けたハッカーであるのにも関わらず、視聴者からコインチェックに憎悪が向くように仕向けられたかのような作りにも見える。

 

確かにハッキングされてしまったコインチェックのセキュリティ問題はあったが、コインチェックは被害者であり、気持ちはわかるが今ここでコインチェックを責めるのは間違っているのではないだろうか。

 

コインチェックが再起できるように応援し、この事件の犯人であるハッカーを突き止め、仮想通貨を愛する気持ちがあるのであれば皆で団結する時なのではないだろうか。

 

誤解をして頂きたくないが、別に俺はコインチェックの肩を持つわけではなく、当然俺の資産の一部もコインチェックには入っている。

 

今、コインチェックから資産が動かせないからといって全てをコインチェックのせいにして憎むのは少し違う気がしている。

 

新聞などの報道機関を信用していないわけではないが、鵜呑みにして流されてしまうのも違うだろう。

 

今、本当に必要なのは正しい情報であり、知識に勝る知恵をつけることで、この事件の先を読むことができるだろう。

 

また、今回のコインチェックの事件を受けて、読者の皆様の”危機回避”に対する意識や『取引所ごと分散投資を行う重要性』について強く感じて頂けたはずかと思う。

 

以前から何度も提唱し続けている様に、仮想通貨は複数の取引所の開設をしておこくことで絶対的に有利に投資が進められるという意味についても深くご理解を頂けたはずだ。

 

投資する仮想通貨も、利用する取引所も1点集中は禁物だ。

 

複数の取引所に資産を分散させ、購入するコインも複数選ぶということが、仮想通貨で勝ち続けるための最大のリスクナレッジにも成り得る。

 

バイナンスやビットレックスなどの海外取引所の利用が気が進まないという方でも、最低でも国内の取引所は複数開設しておこう。

 

もっとハッキリ断言すれば、最低でも、

ビットフライヤー

ザイフ

GMOコイン

ビットトレード

コインエクスチェンジ

の口座開設は全て無料メールアドレス登録で1分で登録は完了するので、面倒臭がらずに必ず今開設しておくべきだ。

絶対に後悔はしないぞ。

Source: 株王獅子丸の仮想通貨塾

コメント